コードを舐める日々

でざいんがいいかんじです

いまさらだが、もう「折りたたみ携帯」に戻れない

タイトルどおり、今の私はI型の携帯ではなく、今一方で流行り?のiPhoneを持っている。
確かに最初に手にしたときは、レスポンスの悪さに驚愕してしまった。
メール送受信のレスポンス、アプリのレスポンス、カレンダーのレスポンス。
特に文字入力もすぐフリーズして落ちてしまうし、バッテリー持ちもすごく悪かった。
よくTV電話で手話によるコミュニケーションを利用する私にとっては辛かった。

それだけでなく、メール中心の利用なので、家族の人から頼まれた買い物をしている最中で、
「あれ買っておいて。」
とよくメールが来る。
レスポンスが悪いと書いた通り、用を済ませたあたりに届くことが多い。
最悪の場合は帰り道で「あー!今届きやがって!」と心の中で叫ぶこともしばしば。

「そんなの携帯ではない!」
そう思った。

でも、いまだにiPhoneを使い続けている。
違約金とか、縛られて使っているのもあるけれど、それが大きいわけでもない。

レスポンスが悪い「iPhone」から学ばされたことがある。

「ああ、うちってこんなに携帯に頼っていたのか」

うちの両親が子どものころは手紙でアポイメントをしたと聞く。
待ち合わせでも、数時間待っていた。
そこに心の余裕があると感じた。

今はレスが遅れると不安になりがちな時代になっている。
何故、折りたたみの携帯に戻れないか。

そりゃ、iPhoneってかっこいいんだよ。

iPod Fan Special iPhone 3G完全ガイド (MYCOMムック Mac Fan Special)

iPod Fan Special iPhone 3G完全ガイド (MYCOMムック Mac Fan Special)